副業をコツコツ語るブログ

副業に関することや、自己啓発について自分が読んだ書籍をベースに自分が感じたこと、体感したことを皆様のお役に立てるように書いていきます。

余裕があれば守れたかも知れない命

今日中学生が教師の叱責を苦にして飛び降り自殺をしたというニュースが流れた。

 

教師はよほど心の余裕がなかったのであろう。

 

生徒は宿題をできないほど思考停止してしまっていて、極限状態だったのだと思う。

 

でも、それに先生は気づかず叱責を続けたという。

もっと心に余裕があって、違う考え方ができればこの子は自殺しなくて済んだのかも知れない。

 

先生はなぜここまで余裕が無くなってしまったのだろうか。

 

ご近所のママ友のエピソードでも同じことが言える。

ファミレスで料理が出て来た時、箸やフォークの数が足りなかった時があった。

ママ友はイライラした様子で、店員に悪態をついた。

箸くらいで?

と思ったが、本人にとってはこのミスが許せなかったのであろう。

 

自分に余裕があれば、このような態度にならないと思うし、悪態をついても何の得にもならない。

お互い嫌な気持ちになって終わりだ。

 

このように余裕が無いと、悪いスパイラルになってしまうことが言える。

 

金銭的な面でも、心理的な面でも余裕を持って、いろいろな事象に対して客観的に判断して、いきたいものだ。

 

今回の事件の当事者になってしまった先生を始め、世の中の大人の余裕が無くなっているのだろう。

 

車の運転を巡るトラブルにも同じことが言えると思う。

 

今回、自殺をしてしまった中学生、道路で口論になった末、引かれてしまった方々に対して、心よりご冥福をお祈り致します。

 

そして、この世の中に少しでも余裕を持った人が現れるように情報を発信し続けていきたいと思います。