副業をコツコツ語るブログ

副業に関することや、自己啓発について自分が読んだ書籍をベースに自分が感じたこと、体感したことを皆様のお役に立てるように書いていきます。

確定拠出年金から見える今後のお金

f:id:succeeder-ito:20171015131021j:plain

皆さんこんにちは。

 

今日は確定拠出年金からみる

今後のお金について書いていこうと思います。

 

みなさん老後のためには

何か準備していますか?

 

まだ若いから大丈夫!

年金もらえるし。

今の高齢者ももらってるじゃん。

 

なんて考えているそこのあなた!

 

生活保護まっしぐらかもしれません。

 

最近注目されている確定拠出年金

 

これどういうことかわかりますか?

 

一言でいえば、自分で用意する年金です。

 

「自分で年金を用意するの?」

 

「私は年金を政府へ支払っているからそんなの

関係ないでしょ。ってか、よくわからないし。」

 

なんて人多くないですか?

 

ここに込められているメッセージ…。

 

わかりますか?

 

政府は

 

「もう、みんなの年金払えないかもしれないから、自分立ちで用意しといて!w」

「税制面ではちょっと優遇してあげるからさw」

「頼むよ~。」

 

ってな感じのメッセージが込められています。

 

これ読んでどう感じますか?

 

今私たちが払っている年金はどうなっているのか?

 

その答えは、たった今、現役の高齢者がパチンコ台に流し込んでいます。

 

パチンコだけではありませんが、今使われているのは事実です。

 

私たちの世代が高齢者になる頃には、

年金の担い手である生産世代の人間が

少なくなっていることが予想されています。

 

というか、少なくなることが確実です。

 

そのため、自分で用意をしておかなければならないのです。

 

確定拠出年金は資産運用になりますので、

今まで資産運用をしてこなかった人にとっては

抵抗があるかもしれませんね。

 

そのために、NISAが日本で取り入れられるようになったかもしれませんね。

 

確定拠出年金は、60歳になるまで引き出すことはできませんので、資金効率も面ではきわめて悪いと私は考えています。

 

確定拠出年金で資産を作っていくのか、

それ以外のもので資産を作っていくのかは、

それぞれが置かれている状況や

考え方によっても違うと思いますが、

確実に老後のことを考えて

今から準備をしておかなければならない

ことは確かです。

 

今から少しずつ老後のお金について

考えていきましょう。

 

私も、みなさまの役に立つ情報があれば書いていきたいと思います。

 

私の投資の運用成績なんかもそのうち載せられると、

皆さんの参考になるかと考えています。

 

それでは今日はこの辺で。