副業をコツコツ語るブログ

副業に関することや、自己啓発について自分が読んだ書籍をベースに自分が感じたこと、体感したことを皆様のお役に立てるように書いていきます。

トレードとメンタル

f:id:succeeder-ito:20170806182854j:plain

 

 

今日は株式投資とメンタルについて書いてみようと思います。

 

株式投資にはメンタルコントロールが大事と言われています。

 

実際私は、メンタルが強い方ではありません。

 

というか、メンタルは弱い方です。

 

でも、考え方一つで心理的に楽になることが出来ます。

 

実は、本業のほうでもイライラすることが多かった時がありました。

 

今回の話とは直接関係はありませんが、本業でもかなり役に立ちましたし、ストレスが軽減されました。

 

では、株式投資とメンタルの関係について書いていきます。

 

まず、トレードにとってメンタル的な揺れは大敵と言えます。

 

これは勝っている時も、負けている時もどちらでもです。

 

勝っている時は気分は高揚し、負けている時は気分は落ち込むと思います。

 

どのような心理状態になるかは、その人のおかれている環境や、用意できている自己資金、相場の状況や認識によってさまざまに変わると思います。

 

しかし株式投資においては、どのような状況になっても気分が上がることも下がる事もなく、常に一定である必要があります。

 

その理由としては、適切なリスクテイク、リスクヘッジをするためです。

 

そもそもの考え方なのですが、メンタルは株価によってブレる人が多いと思います。

 

極端な話、株価が動かなければメンタルは一定なわけです。

 

そこで、株価はコントロールできないということ、相場はコントロールできないということを再確認する必要があります。

 

コントロールできないものに対してメンタルがブレてしまう…。

 

う~ん。(´・ω・`)

 

なんかおかしい気がします。

 

だって、上がるか下がるかわからないから、正直株価なんてどうしようもないですし。

 

だから、株価で一喜一憂する必要は無いのです!

 

むしろ、株価がどれくらいまで上がったらor下がったらどのように利食い・損切をしていくか、期待や絶望に負けずに自分の行動をコントロールできるかに、フォーカスしていく必要があるのです。

 

そこで、自分の行動を振り返り、

「なんでこんなリスクをとったんだろう」

「やっぱり調子のって売買ルール無視してる…。あっ、やっぱり損してる。」

「ビビッてうまく利食い出来てねぇ。」

 

など、自己分析をして自分の性格の癖を見つけ、それをもとに売買ルールを再構築していくことが重要です。

 

 

やはり、これが出来ていないと損失が膨らんでいきますし、自己資金の残高に顕著に現れてきます。

 

なので、株価に一喜一憂せず自分の行動のコントロールをしっかりとしていきましょう。

 

今日は少しですが、トレードとメンタルについて記載してみました。

 

最近のトレードで勝ててないなと思う方は、一度自分のメンタルの状態について見返してみてはいかがでしょうか?