副業をコツコツ語るブログ

副業に関することや、自己啓発について自分が読んだ書籍をベースに自分が感じたこと、体感したことを皆様のお役に立てるように書いていきます。

売買ルール

f:id:succeeder-ito:20170702110339j:plain

 

 

今日は、株の売買ルールについて書いていこうと思います。

 

皆さん、株取引をする際にどのように売買の判断をしていますか?

 

なんとなく上がりそうな値動きだからですか?

 

アナリストが値上がる、もしくは暴落すると言っていたからですか?

 

雑誌に上昇期待と書いてあるからですか?

 

これらのように、メディアに銘柄が取り上げられてから株の売買をするのでは遅いと私は考えています。

 

ましてや、なんとなく上がりそうだからなど、何の根拠も無しに株を売買するのであれば投資ではなくギャンブルということすらできます。

 

私のトレードスタイルは短期~中期のトレードです。

 

いわゆるスウィングトレードというやつです。

 

株価はニュースや雑誌に情報が出る前にすでに動いています。

 

平日であれば、今この瞬間も世界中で株は取り引きされ株価は動きます。

 

その動きが株価チャートとして現れます。

 

日経平均アベノミクスの効果により、2013年頃から株価は上昇を続けました。

 

しかし、チャイナショックが訪れ株価は一時暴落しました。

 

その暴落前にも株価チャートにはサインが出ていたのです。

 

このサインを見逃してしまうと多大な損失が出てしまうのです。

 

そこで重要になってくるのが、売買ルールです。

 

よく塩漬け株なんて言葉もありますが、これは一番やってはいけないことだと思っています。

 

塩漬け株が存在すると投資効率が悪くなり、自分の目標達成までに時間がかかってしまいます。

 

塩漬け株はいつどのタイミングで元の株価まで上昇するかわからないですし、そのままさらに下落を続け含み損が増えていくという可能性だってあります。

 

そのため、損失覚悟で塩漬け株を売却し、新たに別の株に投資したほうが目標を達成するための時間は短くなります。

 

塩漬け株はまさに死に金。

 

いいことは無いと思います。

 

話を戻しますが。。。

 

じゃあどれくらい値下がりしたら損切をするのか、どれくらい株価が上がったら利益を確定するのかをあらかじめ決めておくことが重用です。

 

そうでないと、損失が膨らむ可能性が高くなります。

 

特に利益確定よりも、損切の基準を決めておくことが最優先です。

 

コツコツ利益を積み重ねてきても、1発の損失が大きいとトータルで負けてしまいます。

 

だから損切は大事なのです。

 

今日は売買ルールについて書いてみました。

 

またトレードに関する内容を書いていきたいと思います。

 

今日はこの辺で。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。