副業をコツコツ語るブログ

副業に関することや、自己啓発について自分が読んだ書籍をベースに自分が感じたこと、体感したことを皆様のお役に立てるように書いていきます。

私が行ってみた副業 ~せどり編③~

f:id:succeeder-ito:20170517062748j:plain

 

おはようございます。

 

今日も昨日、一昨日に引き続き、せどりの多少のノウハウと実際にせどりをやってみて感じたことを書いていきます。

 

昨日、一昨日の記事をまだ読んでない方は下記より読んでみてくださいね。

 

www.yutayutablog.com

 

 

www.yutayutablog.com

 

それでは、今日の内容に入っていきたいと思います。

 

 

6.発送方法もよく考えて

発送も業者や手段を選ぶことにより、安く発送することが出来ます。

 

店舗でのリサーチ・仕入れ・お客様からの注文ときたら次は発送です。

 

最近、クロネコヤマトの送料値上げのニュースが話題となっています。

物流量が多くなってきてもずっと値上げをせず、頑張って仕事をしていた姿は尊敬に値します。

本当にいつもお世話になっています。

 

さて、発送の方法としてはどのようなものがあるのか皆さんご存知でしょうか?

 

冒頭に書いたようにクロネコヤマトが業界最王手と言ってもいいでしょう。

他にも、佐川急便、福山通運はこBOONゆうパックなど色々な発送方法があります。

 

ただ発送するだけではなく、もし商品に破損があった際には補償もしてくれるところもありますので、高額な家電や精密機器を発送する場合は、お客様からのクレーム対策、販売の際の安心材料として、保証付きの発送方法を商品説明欄に記載しておくと良いです。

 

せどりを始めたばかりでは、そこまで個数も売れないのであまり送料も気にならないかもしれません。

しかし、ある程度ノウハウをつかんでくると販売個数は増えます。すると、すこしの送料の差が後々大きくなってきます。

 

そこで、積極的に使っていきたい発送方法が、定形外郵便です。

 

私もはじめは知らなかったのですが、重さで送料が決まります。大きさもある程度のものまで発送できますので、よく使っています。

しかも、受付はゆうゆう窓口というものがあり、場所にもよりますが朝の8時から夜の8時まで受付をしているところもあります。

 

なので、商品が売れたけど日中は仕事で発送する暇がない!

なんて人は、出勤前、仕事後にゆうゆう窓口にて発送することが出来ます。

 

ただし、補償はありませんので、あまり高額なものや壊れやすいものを発送する場合はリスクも考えなければなりません。

 

と言っても、私が利用している限りでは商品が破損していたというたぐいのクレームは1度も受けたことはありません。

判断の材料にしてください。

 

また、番外編として、出品するのはアマゾンで出品する方がほとんどだと思います。

アマゾンでは大口出品・小口出品の2種類の出品スタイルが選択できます。

 

小口出品では上記のように自己発送ですが、大口出品では自分の在庫を一度に全部アマゾンに送ってしまい、在庫管理、発送まですべてアマゾンが行ってくれます。

 

大量に仕入れ・出品する場合はこれほど便利なサービスは他には無いと思いますので、積極的に利用したいものです。

 

料金ももちろんかかります。月額約5000円程度なので、費用対効果を考えて利用しましょう。

 

梱包に便利なものも数多く販売されています。

自己発送でも、素人だからという理由で梱包を適当に行ってしまっては無責任ですので、しっかりと梱包して発送しましょう。

 

梱包に便利なものは下記のようなものがあります。他にも多くの梱包材がありますので調べてみてください。

 

 

7.店舗以外での仕入れも考慮して

昨日までの仕入れ先は、店舗を前提に話をしてきました。

しかし、仕入れ先は店舗だけでは無いのです。

 

一つはヤフオクです。業界最大のオークションサイトで、皆さんもよくご存じかと思います。

本当に色々な商品が売られていて、中には利益が出る商品も出品されています。

即決価格が設定されていてすぐに落札できる場合はいいのですが、あくまでオークションなので価格が上がる場合もあります。

 

そのため、いくらまでだったら利益が出るのか送料、販売手数料までしっかりと計算をして入札するようにしてください。

 

同様に、メルカリ、フリマ、ブクマなども使えます。

 

更に使えるのが、アマゾンタイムセールです。

 

え?と思うかもしれませんが、アマゾンで仕入れてアマゾンで売るのです。

これを業界用語では「刈り取る」と言うらしいです。

 

タイムセールに出品される商品も、前に記載したようにリサーチをしっかりと行い、損益の計算をしましょう。

 

タイムセールというだけあり、在庫の数も少なかったり時間が合わなかったりして、私自身買えないことも多いですが、時間が合った時はチャンスですので、積極的に「狩り」に行きましょう!

 

他にも、家電量販店やホームセンターのネット通販サイトがある場合もありますので、そちらもチェックしてみるといいと思います。

 

 

 

今日は発送方法と店舗以外の仕入れに関して書きました。

 

明日は資金管理、ポイントの2つの視点で記載していきたいと思います。

お金に直結するところなので、また明日も読んでください。

 

それでは、今日はこの辺で。